• rss

Join Us on Social Networks!

調停離婚のメリット・デメリット

(0)

Category : 「調停離婚」カテゴリリスト

離婚しようとする際、相手側に離婚協議に応じてもらえない場合すぐに裁判をするのではなく家庭裁判所に調停離婚の申し立てを行う必要があります。
離婚が適切だと判断する場合でも最終的に二人の合意がなければ離婚は成立しません。
夫婦どちらかが家庭裁判所に申し立て、離婚に際して発生する養育費・財産分与・慰謝料・婚姻費用などについて合意できないところを話し合い調節していきます。
離婚というのは、夫婦それなりの事情があっての離婚なのですが子供にとっては親の身勝手以外なにものでもないのです。

調停離婚のメリットとして挙げられるのが、調停申し立ての手続きを安く済ますことができる・調停委員が第三者の立場として双方の話を聞き解決策を導いてくれる。
などがあります。
離婚する場合に発生する金銭などの問題は、当事者同士だと意見がまとまらないことがありますが、調停によって他の人の意見も聞きながら進めることが可能です。
調停離婚のデメリットとして、話し合いの中での解決を図っていきますので相手が応じなければ平行線をたどってしまったり、話し合いの場を提供するために解決するまでに時間を要します。

離婚で少しでも有利な立場に持っていきたいと考えている方は、出来るだけ必要書類や・証拠などをあらかじめ用意し、第三者との話し合いの際に自分の思っていることをしっかりと伝えるように考えておくと良いでしょう。
離婚は、年々増え続けています。
それに伴い、離婚のトラブルも増加傾向にあります。
離婚という現実と向き合い、離婚の手続きやスムーズに問題解決が出来るように何を知っておけばいいのかを把握しておくと良いでしょう。

Post a comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans